そらうみママの*たからばこ*

アクセスカウンタ

zoom RSS プルトくん ケーキ

<<   作成日時 : 2011/10/21 23:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「この人は 何者なの?!」
闇の中で 突如見つけたその人の言葉に 頭をガツン!とやられた。
「そうだよ それ、当たり前だよ その通りなんだよ
釘付けになった

ひょうひょうとして、掴みどころがない感じのその人を どこか疑いの目で見ながらも、知れば知るほど 納得し、尊敬し・・・、
どうやったらそんな見識がやしなえるのかと 目が離せなくなった

その人は よく プルトくん の真似をしていた・・・


画像



そのうち、その人は、プルトくんTシャツを 着始め・・・、彼のPCには、プルトくんシールが貼られていた・・・。


画像


原発がおかしい驚愕の情報を得て、TVにかじりついた。
なのに また、NEWSを見て、驚愕する

「なぜ? どうなってるの? 原因は? 理由は? どう処理してるの? どうなるの? 」 
その答えは全く明らかにされずに 番組が終わる。
TV局の抜粋する、東電の記者会見が、全く理解できず、寝ないで東電の会見の一部始終を見る。
「ちょっと待ってよ。政治家も東電も保安院も いわゆるエリートじゃないの ごまかすにしてもアホすぎる」
要は こんな受け答えをせざる得ない・・・そんな信じられない状況が起きているとしか考えられない。
「早く正論で この訳のわからぬ状況を突っ込んで 正しい道に導いていってよ。メディア!」
爆発してんだから時間がないんだよとイライラする私
そしてまたまた驚愕するのである
記者の質問が 「は?!」 なのである。
「なんでそんな質問なの? なんでちゃんと質問しないの? 」
愕然とする。
「えっ? 終わり?皆はその応答で 納得できるの? 」


現実の全てと、自分との間に 深い溝がとてつもない深さにえぐれていくような、めまいがした
真夜中に どこを見ていればいいのかわからなくなり、まばたきもできなくなる


そんな中で・・・  
「そうだよ!そこをきいてほしいんだよ!」  という質問をしてくれるわずかな記者達。
その名前をすがるようにメモり、ネットで検索した・・・
その中の一人  上杉隆さん
彼の言葉に 雷が走った



世界と日本のジャーナリズムの違い・・・

一つのNEWSに対して 海外ではいろんな見方や、考え方の違う 記事がある。
どれも答えは 一つではない。
そういうものを 複数見て、自分が支持できるものを 考えていくのが 海外の通常。

人は必ず間違う事がある 間違える事は当たり前。
だから 海外の新聞では よく いつの〜の記事は誤りでした という記事がのっている という。
ジャーナリストは 間違いを恐れたり、誰かの目を気にせず、ジャーナリストとしての精神で常にまっすぐ取材を続けられる。

いろんな見方があって、いろんな考えがあって、いろんな事情があって・・・そういう生活で 
人は多種多様な考え方・生き方があるんだと わかっているのが海外



彼のいっている言葉に 私はがっくり頷いて・・・心底納得した




海外がおかしいんじゃない、日本がおかしいのだ。
日本の  マスコミは絶対!  みたいなものはおかしい。
マスコミが○といえば○、スルーすればスルーっておかしい。
マスコミがおだてれば多少疑問でも ○!な人物になり、 噂程度?そこまでどうなの?みたいなマイナスイメージをつけて ×!
そう世論がなる事は おかしいと思っていた。

すべての記事が 同じ側をむいているのがおかしな話。
もっともだ。


日本のジャーナリズムは完全に崩壊していた
 しがらみ ・ 金 ・ 統一 ・ 協調 ・ 政治的圧力 ・ 利権 にがんじがらめになっていた。



これがどれだけとんでもない事か・・・私は震えあがった。

新聞やNEWSは、正義感ある素晴らしいエリート達が、尊いジャーナリズム精神にのっとり、皆の幸せのために
取材・報道してくれるのだと信じていた
だからすごく大きなギャラが発生したり、みんなに尊敬の眼で見られたり、皆が憧れるエリートなのかと思っていた。


違うらしい・・・     


Twitterで なんのフィルタにもかからない情報を得ていると


全く違う     とわかった



日本人庶民はずっと信じていた 心底信じてたから疑わなかった そうして間違ってきたのだ。





そして・・・
そこに気付けなかった、指摘できなかった理由を考えていくと・・・日本で生きてきて、何度も 心底がっくりした事を思いだした。


大事な問題が起きると・・・

力を持っていると言われていてそれにおごっている傲慢な奴が 
いろんな立場の人の気持ちを考える事などしなくなった傲慢な心を持った奴が 
躊躇することなく、大声で威圧的に発した言葉が、皆の結論になる・・・
 
勇気をふりしぼって、反論をした人の論が 明らかに正しいと思われても、周囲の皆はそれをフォローしようとしない。
見て見ぬフリをする・・・

そんな後ろめたい事をするから、結果、
大事な問題であったのに、多くの人間が、その問題について考えないようにするしかできなくなるのである。

やがて、自分にも火の粉が及んできても・・・ バカみたいに耐えているしかないのである。


、「スイミー」 や 「バグズライフ」 を思い出してくれよ  である。


                    




そうそう、プルトくんとは 東電キャラの一つ。 もちろんプルトニウムのプルトくんだ。

どんな宣伝ビデオなのかと ネットで見ていたら、プルトくんは、ものすごいかわいい声で
 「ぼくは飲んでもだいじょうぶなんだよっ!」  と叫んだ
超優等生キャラで プルトニウムについてをやたらハキハキと説明してるけど・・・嘘つき だった。

そらとうみが、アニメ声に魅かれて、笑顔でPCをのぞきにくる
「こいつ、プルトくん・・・。かわいいでしょ。・・・だけどね、だけど、こいつ・・・ 嘘つき だからっ!」
と私が言うと、
「えー嘘つくの〜!なんのために?」

「・・・ っと、 ・・・・自分達だけの金のため・・・」

「えっーーー
「ごくあくじゃぁーーーん
「ちょー うそつきじゃーーん



アメリカンチェリーを見て、 「これ、あれだよ!あれ!プルトくんのピコピコ!耳の上についてたでしょ。ピコピコが!」 とうみが言い、笑った記念に作ってみた
仕上がりは、こんな感じ

画像



うみの手をとり、パープルのデコペンで ひらがなのおけいこしながら、仕上げ!
ケーキナイフなど使わずに フォークで 四方から メッタ刺し にして ぐっちゃぐちゃにして食べました





 














テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
知る人ぞ知る彼のケーキを作るなんて、流石!
めった刺し&うそつきの文字、心底同感だけど
そらうみママが、手間をかけてつくった「P」「u」の文字や顔、
大変だっただろうなぁ。と思うと「もったいない。」という気持ちと
揺れ動く乙女心です
あっちょ
2011/10/27 12:17
お菓子作ってる場合じゃないよね(>_<)
こやつはとっくにハワイまで飛んでるっつーのに。
周囲にもウヨウヨしてるんだよ(>_<) 
子供にだけは近づくなー<`ヘ´>だよ!
毎日、怒り狂ってるけど、何にも力にならないよ<`ヘ´>
私も経産省に座り込むべきだよね(ー_ー)!!
この国はどうやったら正気に戻るんだっ<(`^´)>
そらうみ
2011/10/28 09:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
プルトくん ケーキ そらうみママの*たからばこ*/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる